有明海再生プロジェクト~豊かな自然を取り戻す~


有明海再生プロジェクト通信

お知らせ  活動報告  関連情報



記事一覧

(キレートマリン設置水槽)どじょうの赤ちゃんが生まれました2017.6.20

  • 2019年04月25日

養殖池のどじょうの雌にホルモン注射をして雄と一緒に水槽に入れておくと、翌日、大量の産卵が確認できました。 水質が悪化しやすいので、キレートマリンの設置は必須です。 活発に動き回るどじょうの赤ちゃんたちが、無事育ってくれる […]

[続きを読む]

(キレートマリン入り水槽での飼育)どじょうの赤ちゃんはどの餌が好き?

  • 2019年04月25日

キレートマリンを入れた水槽の中で、どじょうの赤ちゃんが何百万匹と生まれました。 文献によるとどの資料も、活きた餌として、ワムシを培養して与えています。 他の人工の餌で上手く育てたという報告がありません。 これだけの数の赤 […]

[続きを読む]

田中克先生がチリメンモンスターについて小学生にお話、柳河小学校2016

  • 2019年04月25日

有明海を再生するために一緒に活動して下さっている田中克先生(京大名誉教授)が、海の生き物を例にとって、森、里、海が生態系でつながっていることを分かりやすく、小学生(柳河小学校)に説明いただきました。 今回はシラス(ちりめ […]

[続きを読む]

(キレートマリンを使った実験)ドジョウの種苗生産のための生態観察

  • 2019年04月18日

島根の安木村のドジョウ生産組合から購入したドジョウを繁殖させたいという依頼が、県内企業Aさんからあったので、まずはドジョウを水槽で飼って、どんな餌を好むのかを、キレートマリンを入れた水槽で水質を管理しながら観察することと […]

[続きを読む]

(キレートマリンを使った実験)ヤマトシジミの飼育と種苗生産は可能か?

  • 2019年04月18日

ヤマトシジミは、汽水域に生息する二枚貝で、昔は熊本県の河川にもいたという記録が残っています。 しかし、現在では、ほとんどの河川からいなくなったようです。 県内の事業者Aさんが、数年前から宍道湖から仕入れたヤマトシジミを飼 […]

[続きを読む]

ムラサキウニを飼育する海水にキレートマリンを入れて試験開始

  • 2019年02月09日

水俣の漁師さんたちとのご縁 水俣市は、熊本県最南端の都市で、鹿児島との境に位置します。 水俣病で世界的に知られますが、公害がったなんて今は全く想像すらできないきれいな海に生まれ変わっています。 私が、8年ほど前に初めて訪 […]

[続きを読む]

鉄仮説に基づいた水環境改善資材

  • 2017年09月20日

鉄仮説 長沼総説 米国の海洋学者ジョン・H・マーティン博士は、鉄を通じて、地球温暖化問題を初めて唱えた第一人者である。   世界中の海には、植物プランクトンの増殖に必要な栄養が多いにも関わらずその発生数が少ない […]

[続きを読む]

愛・地球博理念継承シンポジウム2012 in 麗水(韓国)

  • 2017年09月20日

田中克先生の森里海連関学と畠山重篤さんの森は海の恋人運動の理念を日本館のテーマとして、2012年に韓国で開催されたシンポジウムに出展され、展示会に参加した。 韓国シンポジウム2012 韓国の麗水には、世界でも最大級の干潟 […]

[続きを読む]

三柱神社の溜め池で環境再生実験開始(柳川市)

  • 2017年09月20日

柳川市の中心地にある三柱神社の境内にある池の環境を改善するための実験を宮司さんの協力を得て開始。(7月21日) 初日には、鉄腕ダッシュでおなじみの木村さんが柳川に宿泊されており、一緒にキレートマリン設置にご協力頂いた。 […]

[続きを読む]

柳川の高校生 干潟再生 兆し実感(2013.9.11)

  • 2017年09月20日

柳川市にある伝習館高校の生物部の生徒達が、筑後川の支流の矢部川河口で実施している干潟再生実験の調査に参加した。 ヘドロ化していた干潟には、当初、生き物の姿は殆どなかったが、干潟の底質を改善する資材を投入後、2カ月経ってか […]

[続きを読む]


TOP