有明海再生プロジェクト~豊かな自然を取り戻す~


鉄仮説に基づいた水環境改善資材

鉄仮説 長沼総説

米国の海洋学者ジョン・H・マーティン博士は、鉄を通じて、地球温暖化問題を初めて唱えた第一人者である。

 

世界中の海には、植物プランクトンの増殖に必要な栄養が多いにも関わらずその発生数が少ない海域(植物プランクトン低増殖海域)がある。南極海が代表例で、その原因は長い間謎だった。

1980年代、マーティン博士は、植物プランクトン低増殖海域では鉄濃度が低いため植物プランクトンの成長を制限しているのではないか、という「鉄仮説」を提唱した。

つまり、南極海には陸地らしい陸地がなく南極大陸も氷に覆われているため河川や沿岸部からの鉄が供給されず、植物プランクトンが発生しにくい、というのだ。

 

また、南極の氷の分析から大気中の二酸化炭素濃度と鉄の供給量に負の相関があることを見つけた。すなわち氷期は風が強く大気経由で陸域から海洋へ鉄が多く供給されるため、植物プランクトンが増殖して大気中の二酸化炭素を吸収するためその濃度が低くなり、間氷期はその反対であると唱えた。

広島大学の長沼准教授が、開発し、日の丸カーボテクノが商品化した、キレートマリンは、鉄仮説に基づくものであり、淡水、海水を問わず、生態系の増殖促進効果があり、水圏の環境改善効果が期待できるのものである。

 


TOP