有明海再生プロジェクト~豊かな自然を取り戻す~


活動報告



(キレートマリン設置水槽)どじょうの赤ちゃんが生まれました2017.6.20

  • 2019年04月25日

養殖池のどじょうの雌にホルモン注射をして雄と一緒に水槽に入れておくと、翌日、大量の産卵が確認できました。 水質が悪化しやすいので、キレートマリンの設置は必須です。 活発に動き回るどじょうの赤ちゃんたちが、無事育ってくれる […]

[続きを読む]

(キレートマリンを使った実験)ドジョウの種苗生産のための生態観察

  • 2019年04月18日

島根の安木村のドジョウ生産組合から購入したドジョウを繁殖させたいという依頼が、県内企業Aさんからあったので、まずはドジョウを水槽で飼って、どんな餌を好むのかを、キレートマリンを入れた水槽で水質を管理しながら観察することと […]

[続きを読む]

(キレートマリンを使った実験)ヤマトシジミの飼育と種苗生産は可能か?

  • 2019年04月18日

ヤマトシジミは、汽水域に生息する二枚貝で、昔は熊本県の河川にもいたという記録が残っています。 しかし、現在では、ほとんどの河川からいなくなったようです。 県内の事業者Aさんが、数年前から宍道湖から仕入れたヤマトシジミを飼 […]

[続きを読む]

ムラサキウニを飼育する海水にキレートマリンを入れて試験開始

  • 2019年02月09日

水俣の漁師さんたちとのご縁 水俣市は、熊本県最南端の都市で、鹿児島との境に位置します。 水俣病で世界的に知られますが、公害がったなんて今は全く想像すらできないきれいな海に生まれ変わっています。 私が、8年ほど前に初めて訪 […]

[続きを読む]

有明海の生物環境は NPOメンバーら柳川の干潟調査(2013.9.10)

  • 2017年09月13日

田中丈祐さんの牡蠣がらセミナーを受けて、早速、柳川の干潟(大和干拓沖)で、再生試験を7月7日に開始。牡蠣がら4.0トン、キレートマリン(練炭型)36個を設置。 現場の干潟は、岸から約100メートル(徒歩で約400歩程)の […]

[続きを読む]

牡蠣ガラによる漁場改良セミナー(2013.2.1、柳川市)

  • 2017年09月13日

特別講師 田中丈裕 氏(NPO法人 里海づくり研究会議事務局長) 田中丈裕さんは、元岡山県水産試験場の研究者で長年、瀬戸内海のアマモ場の再生に尽力され、その再生方法を確立され、国の認定を受けた方法として全国へ普及しつつあ […]

[続きを読む]

有明海再生の活動報告に関する情報発信をはじめます

  • 2017年07月19日

有明海再生プロジェクト通信における「活動報告」カテゴリでは、今後プロジェクト内の活動をはじめ、その他有明海に関連した様々な活動や取り組みの報告という形で情報発信をしていきたいと思います。 サポーターの皆さんと一緒になって […]

[続きを読む]


TOP